デニム・ブルー・サファイアママン7の17

 ヨッキちゃんが帰るなり、萎えた顔で、何だってんだ?っていう感じで腹かく〔怒るの意味〕のです。そんなああ、蛇や、やもりや、蜘蛛や、ムカデくらいで、なんでガタガタ言ってるの?って。しかしタヤはやはり女性の切れ端しだったのでしょう。怖いなら、なんとか、せんばならん!!って長い棒を持って来て蛇を追い落とそうとします。私は日頃はタヤを、忌み嫌ってはいても、ここぞとばかり威勢のいいタヤを頼もしく思うのです。容子は殺さないで!!って言っているかと思うと違うのです。ちゃんとちゃんと、死体にして・・・って震えている。なぜなの?死体にしないといけないの?って尋ねると、赤ちゃんの首に巻き付く、そして赤ちゃんの首を絞めてしまうのよ?って。想像力もいいですが、そこまで言う?と、私は別の意味で戦く・・・タヤとの攻防で蛇が傷を負ったのはしっかり見えたものの、必死になり最期の力を振り絞って逃げていく・・・容子は、がっかりした顔でそこでうなだれるのです。安眠出来ない・・・って零すのです。あの蛇は複讐しには来ない?いいえ・・・もうそんな元気はないわよ・・・私は言っても、信じないのです。弟を思うと一時も離れられないって話すのです。蛇はいつ冬眠?それは寒くなったらね?そうかあ、それまでは弟のことをしっかり守ってあげないと。ヨッキちゃんはきっと蛇の祟りはあるだろうさ!!って明るい。みんな、生き物には、それぞれの権利があるって涼しい顔で言うのです。