オパール・ママン1128

 

It was the day when he returned Japan and I wanted at last at a snack without being able to finish controlling a feeling to be excited.  Then the preceding guest sit down. It is a carpenter singing that Karaoke.  ☆彼がタンカーをおり、日本に帰国しふるさと長崎に戻る日、わたしはいても立ってもいられず、早い時刻に店に行くと先客がいる。歌が大好きな大工です。お店の常連で友人でした☆

ルビー・ウーマン1140

みんなが不可能だと思う理由はほぼマイナス思考から来ている。駄目志向の張本人がいるとすれば、お金を持ってない上に向上心のない人間。厳しいことを言うようだが、本当にお金に困っていたら働けばいい。そしてそれでも埒が開かないなら、行政に相談する。どんな些細なことにもお役所は相談に乗ってくれる、結論はすぐ出ない。しかし必ず、金策につながる順路を一緒に模索をしてくれる。今・・・

日本は富裕層と、経済楽観視型貧困層で、まっぷたつに割れている状況だ。こんな時だからこそ、今まで精進してきた経済の達人たちの弁が必須になっている。それがブログで明かされ、みんながそれぞれ真剣に読んでいる。あまりにメディアが取り上げるものだけに、固執しないことが、今後は有利になるし、原案として早くから挙がっている。あくまでわたしの最新の啓示だ。毎年同じ主張で同じシーンで語ってきたメディアが、自分のボーナスやそして給与を失うことにまで発展してしまうほど、経済危機は押し寄せて来る。今までさぼったツケが回ってくるのだ。伝えることがメディアの使命。黙殺ではない。私は自分が経験したことを基礎にものを言っている。それが辛辣に聞こえたのなら、怠慢だったことを認めることになるだろう。

西🏝姫瑠のアディショナルタイム(20)

 

まだ、続きがあって昨日の試合の後半戦を行きましょう。やっと物々交換を終えて彼はもう来ない・・・って安心していたら、彼はケチャップを返しに来る。あたしはアメリカンドッグだったことで、ケチャップを差し上げていた。えええ?ってみんなも思う。慮るんではなく、疑問符はてなのペンダントをみんなが首に掛けるシーンに来ています。それはなぜかというと間違ってあらびきソーセージを顧客に渡しているのに、ソースは間違ってない。やはり創作者なのです。頭の中で理屈と屁理屈が行き交う文豪の頭・・・そしてもっと嬉しいことがあったんです。私は、ふたつのタイプが出るソースを渡したあとに気がついた。アメリカンドッグでもケチャップだけじゃ嫌な人がいる…という趣向の多様性。そして…彼のナナコに例の文面が出たことを、さすがに覚えていて、そのとき、機会を逃していたことをお客様に話したら、喜んで、ポイント交換をしてくれて、ありがとう!!って言ってくれたんです。今年の3月に失効するナナコポイントが日本には相当あって今レジしているとき最終で画面に出てくる。失効してしまうポイントの告知は一回一回、レジ画面でこっちが見ておく必要がある。お客様に真顔でありがとうって言われた喜びをまた味わいたいあたしがいる。そしてあたしはとうとう研究開発のチャンスを研究者たちに与えるシーンを迎えています。ナナコチャージ現金機専用ボックスです。これは小銭だけを一円単位でチャージ出来てナナコ現金カードになります。海物語の現金機が意外に繁盛したので覚えているのです。夫は元バンカーで小銭で三億くらい貯蓄した人を実際に見ていますからそれも参考になりました。日本に眠る埋葬金をナナコ現金カードへGOー!!

デニム・ブルーママン18の4

最初こそ、一定の時刻を設けていたものの、もっと早い時間の店の様子を探りたい気持ちになって四時ころにお邪魔して、新聞作業の内訳をみずから知りたい容子でした。しかし速く出る分仕事は速く済む。それを思うと私はそこまで心配はしていません。とにかく遊ぶことが大好きで、小学校時代もあちこち遊びに出掛けていますから地元地理には詳しい。そんな容子でも知らない、清藤(せいとう)の深い場所まで行くとき、道の分からない人生より、道を極めた人生がより有利であることを悟ったようで、ひとつひとつの家の表札も大事で、それがあるからこそ、確認も出来て新聞の専用ポストも当時あった。ここに入れてください!!っていう意味が伝わって嬉しかった容子です。なかには、お疲れ様・・・と記されたポストはあって、言葉によって本当にねぎらわれている自分のこころを確かめてそこで相通じるものを共有していることにはっとするのです。いつもありがとう・・という言葉もありました。新聞は各家庭に根付いているんだなっていう悟りがあったことで、そのあとの人生をさらに新聞志向にしていったことは否めない。読者があってこその新聞。庶民の手のうちにある新聞だからこそ、繁栄も約束されている。友達にも先生にも言わず、黙々と作業をする容子に、私は別の人格を見ているようで不思議さもあった。本来は創作の仕事がメーンであるはずが、学校の復習云々よりも実際の行動を重んじた姿。好きなことに打ち込むためにもこの配達は必須だったのでしょう。人は、もっと勉学が大事だろ?ってアドバイスも受けながら、それでも配達には意味がある・・・を言い続けた容子、自分の将来に確実に噛んでくることを予感していたのです。夫は元々新聞好きではありましたが、朝日は嫌っていました。我が家はずっと長崎新聞でしたが、容子に勧誘を受けて配達している間は取って読んでみることにしたのです。

オパール・ママン1126

 

I engage an elder brother! ! This was said, and I was determind though I was puzzled. Please input the sentence that you want to translate into this. ☆舎弟のようにその大工を可愛がるのもわかる。同じ五島の出身が起因していました。弟分は兄貴をお願いします!!って爽やかに私に頼んでくる。一瞬、戸惑うも、悪い気持ちはしない。友達なら♫・・・と快諾したのです☆(2023庄屋カレンダーより)

 

西🏝姫瑠のアディショナルタイム(19)

 今朝はまだ、頭の中が混乱中で、解決を見てない。この体験をみんなと一緒に考える機会を得ていますね。コンビニの揚げ物を購入した経験があるなら、きっと切実で、今学んでおけば、将来役に立つ。私は若い男性にアメリカンドッグとオーダー受けたのに、あらびきソーセージと間違えて、商品を渡してしまいます。しかし、すぐに、お客様は気が付き、あらびきソーセージを持ち、レジに来られ、本来は、返金して、アメリカンドッグに替えるべくを、違う方法で私は処理してしまう。ふたつの料金が同じで安易に捉えた。しかし、これでは、アメリカンドッグの数は合わなくなり、作った製造数が1個足りなくなる…私はあとから、先輩にアドバイスされ、あらびきウィンナーを返金処理してそのお金は事務所に戻しました。この顛末はオーナー達に直接伝えて帰宅しましたが、まだ、頭がスッキリならない。お客様が返したあらびきウィンナーはあたしが大好きなFFで帰り際に購入しました。コンビニの迷路は様々存在しますが、両方の価格が同じで迷路にハマったケースですね。やっと一日経過でわかってきました。あたしがまだ、バイト入った数日くらいで、こんなもの必要ないって言ってたものが大事だったんです。FF商品の数量訂正です。それをやって帰らなかったから、もやもやしていたのです。