読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一点が遠い試合・・・そしてホームベースがこんなに遠いとは。カブスの試合は一点差を追い駆けるも、上原ではなくロンドーン投入で、最後はフォアボールで一塁にいたフィールドの貴公子アトリーが迷わず疾走、そのままホームへ駆け込み一点追加点がドジャー…

曹長は忖度を引用した川柳をしたためたい!!と強く思う。旬な言葉を逃がさない所作も人生開眼に繋がるからだ。忖度だけなら未完成なことに気が付く。忖度の海だ。そういう大海原に投入され、切磋琢磨していくのも企業人のイキザマで、忖度なんかあってはな…

まだ、義父が存命中俺は清書してもらったことがあった。浄土真宗の布教士免状を持つ義父は字が綺麗で達筆だったからだ。このみっつが勤勉、努力、我慢で、俺の教育方針の三本の矢といってもいい。我慢しないと人生は開けないし、努力を怠ると窮地に追い込ま…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔159〕ダメダ・・・と自分のことを卑下する。麒麟ビールのCMに出ている黒田をなんと俺は布袋トモヤスと勘違い。何でこう誰もやらないようなミスをやらかすのか、本当にイヤになる。そして昨日の広島対巨人戦だが、びっくり…

ルビー・ウーマン《黎明編》〔186〕いよいよ俺たちのルビー・ウーマンが先鋒になっての出陣・・・いい日を迎えているとは思いませんか?ああ、イエローダイヤよりも先にルビーを持ってきた背景にあったものは何だろう?それはブルゾン・ちえみの影響が大だっ…

昨日のアストロズ対マリナーズでみんなが知るべきは後頭部の後姿・・・。今アストロズのマッキャンとギャティスが似ていると巷の噂になっているんですが今日はいい機会を得ました。ふたりのベンチ内での頭が後ろから映像としてテレビに映ってそこをシゲルち…

昨日はおかわり君の本領発揮で素晴らしい特別の日。西武が大好きなシゲルちゃんの溜飲も下がったことでしょう。みんなもフシギに思っていたかもしれないけどトゥルヴ川柳がまだ、黎明の頃、実は普通の川柳枠で大リーグを詠んだのが大リーグ戦竜の始まりだっ…

昨日の新聞でも思うのはヤンキースが勝って高得点していても誰が打ったかわからない。俺が知りたいのは打点の内訳でホームランとか二塁打よりもそっちが重要だと思うのだ。ニッポン人投手の出る日は丁寧に文章を組み立ててあることも多くてそれは感謝するが…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔158〕俺はこの国の政治に希望が見えないことでなお慎重にならざるをえず、やはり信じることが出来るのは民進党かなあってバラバラなのがいいし気持ちが大きく傾くのも、おかしなことになっている都政だ。公明党がなりふり構…

ルビー・ウーマン《復讐の館おさらい編》〔197〕七時からしかブログを更新出来なくなってそれが効を奏じるなどわかりにくい話だが、大体キャロルは五時くらいには目覚めていた。以前までならそうだったのが今回の時間厳守で、きっかり七時くらいまで目が覚め…

今日は勝ち投手が誰に転がり込むのか?その顛末を見るいい機会を昨日のドジャーズ対カブス戦に見たので一緒にディスカッションしていきましょう。ごめんなさい。ドジャーズの捕手グランダルは昨日思い出して自分に喝を入れました。本当ならレスターに勝ち投…

エメラルド・ウーマン《深窓の令嬢ダブリュー編》〔22〕豊田自動車の奇跡を描いたリーダーズという物語に吸い込まれるように陶酔したあの時を思い出す里子です。里子自身は常に、四を基調にきた人生で、そこで、六つのシャフトの中からひとつだけが生き残っ…

俺は投手がどんなに頑張っても中々ウマいこといかずスッタモンダするときにニッポン人投手なら一緒に苦悩するし、どうすれば良かったのか?まず口に出してあいつに説明する。ここがいけなかったと思うって。するとあいつはタマが思い通りにいつも入ればいい…

サファイア・マン《緻密な男編》〔129〕この二週間以上母が違った環境に置かれてどんなに自分の家が恋しくなったか、どんな田舎の掘っ立て小屋であってもどんなに自分の家が落ち着くか・・・母は入学式を終えて長男の手を引き家に帰り着いたとき、そのまま座…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔157〕氷上のプリンセス浅田真央の引退がこうも切ないものであるか、空洞感はえたいもしれなくて、彼女に俺たちはニッポンの未来を投影して今日あったことに改めて感動する。そして小さい時からひとつの目標に向ってきた者達…

どうしても勝って欲しかったダルビッシュ二回目の登板日でそれというのも捕手であるルクロイが楽になるからで、髪をばっさり切ったダルビッシュの雄姿に惚れ惚れする。なんという美しい二人だろう。そういえばルイーズ捕手も移籍していて、ドジャーズの捕手…

スーパーチューズデイの今日、俺は四投目になっていた・・・。いってみればここは副将の位置で満足は満足だ。大将はあくまでも五投目で、プレチューの意味の本当を実は以前から知っている。バニーガールという機種がスロットに昔あって、ビッグが当たったと…

いじめに負けない人生論、今日は地球に於ける和平への道のりを語りましょう。つい最近キャロルはこう言いました。中国がいい動きをしてこれから三つのことを成し遂げる・・・そしてその無花果ともなるような福音をキャロルはこう知らしめる。三つ葉のエメラ…

サファイア・マン《面白い男編》〔129〕母が心の奥で大事にして、浮世とは全く遮断された追憶という小箱に、脇田大佐を密封しているのを、こじ開けるようなことにはならず良かったし、当時はパソコンも携帯電話もない時代。歴史を知ろうといってもおいそれと…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔156〕あの内村選手の快挙・・・十連覇を見てカタカタと震えが止まらない。しばらく彼の精神力が俺に憑依していることがわかって怖かった。みんなの期待にこれからも答えるだろう自分自身を語っていた。地獄ですよね・・と切…

朝七時になってからしかリビングを退室出来なくて、朝セブンの状況下に置かれるキャロル。朝七時になんで?っていうと明るくなってから1人になりたい!っていうんだ。暗いと死神が自分を取って食うようでとても怖いって。幼児も横に一緒にいるのにこういった…

今日は十一日の英語になったニッポン語とこのコーナーのエピグラムを一緒に片付けちゃいましょ!!マグレっていうのを今日は取り上げてスペルをMAGOREとします。なんかいいことあったとき、相手に良かったね!って話しかけるとマグレだよ~って返って…

埼玉県の越谷市のレイクタウン、セリアで購入した百八円のトートバックをいつも使用で俺が主婦ならもっと肩から掛けて手を出して下げるショルダーを持つ処だがあいつはモノをどこで購入したかに拘るしそこに幸運も宿る・・・とそう解釈しているようだ。何回…

サファイア・マン《かけがいのない男編》〔129〕母にとってはキャロルはたった一人の女の子・・・このまま家庭内で静かに暮らしていくと無難かなっていう目測はあって、それでもキャロルはそれに収まるわけがない!っていう心配も同時にあって、それかといっ…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔155〕前田投手の投球が観れなかった。それでもニュースサイトで調べて勝ち投手の権利を持って結果待ちであると・・・。フルカウントという野球サイトだが、メジャー今期初ニッポン人投手の勝利となれば俺も嬉しい。情報を知…

今日の大リーグ戦竜は各監督の、四月に於ける打順の入れ替えや、九番に誰を持ってくるか?そして一番との連携や三番の意味合い。以前までの大リーグでは考えられなかった勝利の方程式がぞくぞく登場で、一番がしょっぱなから先頭打者ホームランの場合、かな…

一体魂はどこに帰属をみるのか?初勝利にはならなかったけどあのホセ・フェルナンデスが最初に投げたのが昨日のメッツの球場だったこともあり、ホームではないもののここにフェルナンデスが見に来ている?この球場のどこかに?マーリンズの面々は16という数…

俺たちの日常は今、ほっともっと毎日で、ダイレックスに隔日通うというデイシステムで動いている。今日はダイレックスに行く日ではなく、しかしほっともっとは今日もいく。ダイレックスで飲料水や雑貨、食品類を購入するようになって、俺はほっとしている。…

ルビー・ウーマン《ジーニアース編》〔185〕四歳のとき、事件を起こしそれが問題になって転園や転居を余儀なくしていった経過は小さな女の子をある意味、強靭にしていてし、それは今度自分を淘汰してくるものの正体は?その見極めにも相当で、まだ、小学校四…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔154〕田中投手の登板というのに俺はそれを見ることもかなわない多忙に追われていて、そのあと行なわれるダル登板の試合はどうにか見れそうなのだが、心もとない気持ちでいる。情報を見たいし、試合経過も気になるがそれを上…

今日はキャロルの小児科〔コジカ〕もこのコーナーで兼ねましょう。実は阪神にいたマートン選手が大好きだったキャロル。今どこのチームにいるのかな!って。そして前々日投げたこの投手の名前を見てそれを思い出したというイキサツ。モートンっていういい投…

脇田大佐は前の日のことを解説者たちが論じていることにびっくりして面食らう。それというのも自分が生きていた時分・・・1933年以来の出来事ですよ~とかそれなら昭和一桁代の頃ですよね?って。脇田大佐はやぶさかでない自分を確信する。自分はその頃どの…

俺は先週から今週にかけて、とあるスーパーで巨峰を味見させていたのを、迷わず五個くらいポケットに入れて帰り、あいつに食わせる。そのハラハラドキドキがいいのだ。怒られはするものの俺は構わない。この巨峰をいつかは買えるようになるかもしれないし試…

ルビー・ウーマン《ロイヤル・ボックス編》〔185〕昨日たまたまですがニュースを観ていて愕然としてしまう・・・。長崎での三年内の離職率が相当高くて一割くらいかな?って高を括っていた自分の内定が崩れます。高卒なら46、4パーセント大卒では37、9パーセ…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔153〕昨日は時間的に追い詰められてマリナーズ対アストロズ戦を最後まで観ることがかなわずそれというのもマイナンバーの会社登録だ。俺達の会社も最初は自由を言ってたがあるときみんなが提出になった。会社としても相当に…

ゼプチンスキーといい、デベンスキーといい、いいリリーフ投手のぞくぞく登場で昨日のアストロズとマリナーズの試合は延長になったことですべての手持ち投手が出揃い、お互いの投手便覧になって名前を覚えるのにてんやわんや・・・しかし清清しい。そして意…

曹長はキャロル総帥が馬鹿なことをやっちゃった!!って言いながらナゲシに棄てている姿を見て残念に思う。なんとフルーチェに今孫が嵌っていて、お得な価格になっていたピーチ味を使って作っていたときだった・・・総帥はとっさに豆乳で出来ないものか?と…

味噌汁とはオサラバしたはずのアイツがせっせと孫の為にカボチャの味噌汁をこしらえる姿に感動する。あいつはえてして約束を守らない。こういうときはいい方に俺の気持ちも落ち着くし、俺よりも孫が千倍カワイイし大事だ!!というセリフこそ苦々しいが本心…

ルビー・ウーマン《黎明編》〔185〕今年の流行語大賞にすでにノミネートの忖度ですが、最初にこれをオンエアした人物もさることながら最初にスクープした一市会議員の奮闘にも目を見張ります。その通りですね、随分前から森友学園の様相に異変を認め取材や研…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔152〕昨日の青木は会心の当たりを引き出してしかもチームでの存在価値をアピール出来て俺も予想外の展開に彼のWBCが散々だったことと比較しながら俺達がどれくらいの時間、彼を見て知っているか?そこを知らないまま拙攻…

美味しいものに目が無くて、相当に高いものに心を奪われるのは家計の悲鳴ですが、小さな贅沢なら時々してもいいのでは?って思う。そして今日はズニーノを詠みましょう。シゲルちゃんは打てるわけない!!って高を括るマリナーズの捕手ですが実は大器で数年…

臥牛社関連の素人による俳句をひとつひとつ目をこらしながら見ていくと、時代が確実に変遷したことをひしひしと感じる。これは西暦1990年代の出版物で素人が投稿してきた辞世の句に対してランクを付けて一冊の本にしてあるのだ。これも父の購入の可能性が高…

イエスかノーかも決められない小池知事と同様ではなく俺もまだ、豊洲への移転を決める時期じゃないのでは?と双方が似通っている。なぜならば会見を開くという。浜渦氏である。よほどこの問題も根が深くて猪瀬氏が言うように肝心な人間をきちんと百条委員会…

ルビー・ウーマン《復讐の館おさらい編》〔196〕大リーグが始まってキャロルの心はキャピキャピになっています。しかしまだマーリンズを冷静に見るまでになっていない。このチームこそが特別だったからです。心の準備が出来てなくて、マーリンズを見る気にな…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔151〕主たる年金受給者が亡くなって妻に半分が支払われるという仕組みにも問題はあって、ここが俺の脳をアップロード化する。結婚しない人間にとってはこれほどの不利益はなく、そのお金の行方こそが気になるし、俺の案では…

五百円で通販のお菓子をワンセット頼みました。そこで九桁の番号・・・つまり0120は決ってるから六個の数字さえ覚えるのに相当の時間掛かったキャロル。やっと暗記が完了して注文しましたが実はコレ・・・十セットまで頼めたんです。もしも美味しくなかった…

エメラルド・ウーマン《深窓の令嬢ダブリュー編》〔21〕里子には人一倍の向上心やボランティア力が子供時代からあって、時には学級委員長を下りてひとりの友の為に奔走したこともあった・・・。周囲から遊んではいけないよ、勉強が出来なくなるよ?って言わ…

四十五年も厚生年金を支払ってきた俺が今・・・冷や飯を食わされている。孫に静かな眠りを与えるために俺の飯も時間が毎日動くのだ。朝はお決まりのエンシュア一本。リビングには入れない時間帯は、孫がスヤスヤ寝ている時間で俺は昨日など本当の夕飯は五時…

サファイア・マン《緻密な男編》〔128〕長男に対して大変な功労を母が施してくれた満足は大きくて、その押入れの中で短時間に成長した集中心の根源を鑑みるとき、やる気や本気や根気以上の我慢から突出した成否の行方をその正体を禁じえません。つまり長男は…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔150〕俺がこれだけ口を酸っぱくして思うのも自分の為にいっているし、もちろん将来を考えてのこと・・・結婚にも分はあると人生のパートナーを視野することも有意義と捉えるが、この言い方に難はありまくり・・・と大学時代…