確か・・・あのメカニックという映画もそうだった。周到な計画が勝利を招く・・・いやあ、キャロルも今回ばかりは、ドコモの強かさに凄さに参ってしまい、もしかしたらここが最後に笑うかもって携帯関連の査定を組み替える。やはりニッポンの最王手、この会社の存亡や戦略にこそ国の命運も掛かってくるな、久し振りに兜の緒を締めたキャロル総帥。脇田大佐も、西郷隆盛になりそうなこの孫がいとおしい。この山本家はかつて、コビトの国だと皆から標榜されたし、男子全員がちんちろまいに痩せていた。この汚名挽回をこの息子がやり遂げるのでは?正真正銘、この家から肥満児を出すことこそが、今、望まれる。脇田大佐はタカモリちゃんと昨今呼ばれるこの息子を詠もうと思う。西郷どんになるには男の技量を身につけないと・・・。彼はなぜ、あんなに多くの人々のこころに今も焼きつくのだろう。正しくニッポンの甲斐男子であり、快男子。ほなあ大佐、喜一郎定食お願いします。タカモリちゃん! 言葉にはならぬ 快挙かな