曹長は大谷が完全復帰したことを誰よりも喜ぶ。そういう幸せの瞬間が来ることは想像していたものの、糠喜びになりはしまいか?と自分を極限まで抑制していたのだ。彼のことを考えれば考えるほど、期待感が先に立って、普段以上の希望を抱いてしまい、自分で見ていても、総帥が本気なんだな!!が伝わってくる。今日のパドレスフィリーズも最初四点取って、今日こそは勝てる!!とそう思った瞬間、敵の逆襲が始まった。思いどおりにいかないところに人生の旨みがあるのはわかるが、パドレスに早く一勝をして欲しい。つき動かされるような、チームの悲願もすでに一緒に見ているのかもしれない。こういう時に、マイヤーズは期待通りかっ飛ばしてくれる!!ほなあ曹長、トゥエルヴ川柳お願いします。運だけでは 勝てないものだね 俺曹長☆俺曹長の部位には、馬車馬でも!!☆

専業主婦ほど、評価する材料がない仕事はなく、ようちゃんは自分自身がそうだったことを踏まえて、専業主婦を評価するそういう通知表を割り出しました。打者の成績表を参考にしたのです。まず一番左に来るのが打数です。その右に得点が来て、まん中にやっと安打数。四番目にフォアボールや死球の数が来て一番右に、打点です。この打点こそが、実は子供の教育達成がある。得点は、お買い得商品に飛びついて、ゲットした金銭。フォアボールはプレゼントや粗品を貰った時、そういう偶然の貰いものを記しましょう。自身のへそくりでもいいんです。打数にまず、五つあることを認識してください。家事の重要な五つ。買い出しから始まって、洗濯、そうじ、学校の行事参加など少なくとも一日に五つは打数あって、安打数はそれをこなして普通どおりに成し終えたとき、安打数に数えていいのでは?って。毎日付けて自分を鍛えましょう。ほなあ大リーグ戦竜お願いします。専業主婦の 得点って何? そこを証明する!!☆得点ってことは、誰かが打って、自分がホームに届いた回数だよ!!☆

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔565〕ようやく大谷にOKが出てベンチに笑顔が戻って来た。今日は負けてしまったけれど、これからのエンジェルスの快進撃に期待が出来る。投手としては八月以降の登板のようで、それもこれも僕の願い通りになったことを喜ぶのだ。ソーシア監督がいる間に、是非とも成し遂げたいことも多々あるだろう。それにも増して今日のくやしそうな大谷の表情を見て僕は安心したのだ。心の中を全く見せない選手たちも存在する。ほぼ表情を出さずに、黙々とプレイする人が果たして本当に??って。技術畑にいる人々がそうだろう。成功は着々と手に入れてなおかつ、寡黙でいられる。そこには仕事上に持ち得た秘密があって、それが誰にも話せない企業秘密というものだろう。僕達の仕事は常にライバルと対峙している。そのライバルの強さも研究済みである。しかしながら大谷を打者としてしっかり研究し終えたという投手も、投手として研究し終えたという打者も、極力少ないのでは?と僕は仮定する。このお休み期間中が、その秘密の倍増には役に立った。誰も知らない大谷が存在するように、実は誰でもが知っていることをしたためるのなら、単なる吹聴に過ぎない。より多くのニュースソースの中で、僕の情報が役に立てば幸いである。

ルビー・ウーマン《黎明編》〔244〕恐らく作家として最も多く人生という二文字を使っただけあって、容子に到来しているチャンスは真骨頂という殻に入ったピーナッツでそこが面白いですね?中身は生かもしれず、益々わくわくを禁じえない。自分自身を物語りにしようなんて、多くの人々はためらいを覚えるものだが、容子の場合、割とすんなりと自分を表現出来た。これは?きっと開き直ったのだと思います。どんな些細なことでも、人生を開眼する為にと、神様が密接な関与機会をふんだんに与えているし、途方もない困難にぶつかった時には、自分を引っ込めることでことなきを得られる。そういうことだったんですね?引きがあれば、必ず前へ進める。問題は引くことを知らない人々の葛藤ではないか?と。引くことは後退のようで、そうでは無かったんですね?多くの困難が待ち受けているとしても、それらを一括返済出来るだけの能力を持ち得たことが幸運だった。それじゃあ、人生にやはり幸運な仲間は必須?いいえ、そこまで頼り思ってはいけません。どういう意味かね?幸運はラッキーのみならず、アンラッキーも運んでしまう、そこを神がお見通しだったと推測出来ます。幸せの 呼び名を探す ラッキーかな☆ラッキーが紛失届を出してまで探すとはよほど大事なものなのだろう☆

ピーパー・ウーマン《ジュエリー・ボックス編》〔229〕夕刻の空がさらに黒味を帯びて行こうとする時に、まだ遊びたくて、夜になるのを止めて欲しい!!ってそう願った友達との遊びへの執着心。みんなが家に帰りたがってもまだ、みんなと一緒にいたい!!とそう願ったのも、決して家が退屈だったからではなく、集団での行動と、いかに見切りを付けるべくかをどこかで学んでいた感じする。僕も同じです。いつも仲のいい友達と一緒でありたかった。しかしいつもかつも一緒にはいられない。なんて言ったらいいのかなあ。宿命的な家族的境遇があった。幸せは何を持って計られるのか、そこを突き詰めたい気持ちも同時にあったけれど、結局、自分の人生の決定キーを握るのは自分。でもね、そうとばかりは言えない様相もままある。それは?出会いにもいろんな究極観念が存在するということ、私、体裁のいい上品な感想ばかりをローカルガイドとしてしたためていたんだけど、カビごんという人の文章に魅せられた。それはどんな?カットの店のことについて、感想述べているんだけど、脳天直撃を食らったような振動を禁じえなかった。乱暴だったんですね?ええ、言い方は乱暴に聞こえるけれど、これが本当のガイドの仕事かも?って。こうあったの。くそだせえ、頭にされたわって。面白いじゃないですか?ね!?ずば抜けているでしょう?!

アクアマリン・マン《真春と真秋の間編》〔29〕俺までも、最近は僕に変更したくなってくるし、その理由は余りにも丁寧な言い方で固執する公務員やお役所の人々の今回の震災に関しての、のらりくらりが目立つからだ。公務員こそが一丸となって、今回の広島やその近隣の県の豪雨被災に関しては動かないといけないのに、ボランティアを最初から乞い願うその姿勢が正しく問われていて、自衛隊などに救援を頼むのはいいとしてもそれは当たり前!!っていう面構えが果たしてどうなんだろう??この雨に関しては家に自分達が帰らずとも、やるべきことは山積していたのでは>?とそこも疑わしい。公務員がなぜ、ボーナスを適度に貰えるのか?というと、こういう被災時の対応力が問われていることは言わずもがな。遅れたから仕方ない、雨が予想外に酷かったからでは困るのだ。自分達は家に帰らず県民を誘導しなければならなかったのだ。最初から他に頼もうという姿勢は見え見え。今回を機に生まれ変わった積りで懸命に励んで欲しい。一般の人々のボランティアを頼むことは最後の最後。自衛隊は国の機関だから仕方ないとしても、危機管理能力を、その足腰を、普段から付けて物事に対処して欲しい。被害に遭った人々が哀れでならない。そこはどうしても譲れない。

忘れないうちにしたためておきましょう。私の娘の頭のクレバーさを......。実はつい五日くらい前のことで、毎日ほっともっとに行くからポイントだけは翳したあとに出て来るレシートで確認するのですが、その日、逆にポイントが1000ポイント近く減っているのです。ようちゃんは慌てふためいて、車に戻って次女に報告して、今スグ抗議しよう!!ってけたたましくも発案するのですが、娘がこう言うのです。カード番号違うし?って。ええ?ちゃんと翳したのに?>じゃあ、一体どうなってしまったの?私のポイントは?って。次女が言うのは、前の人のカードに付いたんだよ!!ってにこにこしているんです。いいじゃない?、たかが六十ポイントだよ!!って。翌日になって照合するとちゃんとポイント残は合っている。ほなあ大リーグ戦竜お願いします。汽車との並走? それなら任せて 僕ブレグマン☆この選手がオールスターのMVPに選出されたって後から聞き驚きます。渋い選手だからです☆