これは恥や。あえてしたためた。

 

うちほど執筆した者は日本の在野にはおらん。1900年代、2000年代もや…しかし、大阪の裁判所へ出す書類に間違いがあったことが、投函あと、わかり、かなり身悶えた。叔父が書けてない。スマホタブレットは漢字が自動で出て来るから、漢字記憶が自然消滅した例や。小叔父と書いてしまった。しかも、真ん中の叔にはさんずいまで付けてる。恥ずかしいなんて言ってる場合じゃない。はてなの読者には常に誠実でありたいうちや。恥ずかしいことにも及ぶ。真実は宿る。