読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷徹というよりも非情な場面が大リーグには多々あって、それが人生劇場的な風情をかもし出し、まだ一回しか退場になったことがないマリナーズのサービス監督の今回の退場はキャロルのこころに密かな灯火をつけた。あんなに普段は優しい監督が食って掛かっていた。残念ながらことの詳細がわからず、ちょっと席を外していた自分が悔やまれた。内容がわからなければコメントのしようもないからだ。しかしあれだけ温厚な監督が怒るということは本当に疑惑があったのでは?とも思えてしまう。大人しい人物は普段かなり自分制圧し、抑制しているという事実も浮き彫りになり、キャロルは大リーグ戦竜でそこを詠みたい。ほなあお願いします。俺だって サービスばかりじゃ かなわない☆この一件で益々サービス監督が好きになりました♪☆