読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピーパー・ウーマン[プロローグより]高度に完璧な比較査定でいけば人よりも常に幸せでいるには自分を肯定する人生を選ぶこと。その肯定が上手に出来ないからこそ、人は現実とのギャップに鬩ぎめげていく。しかし自分を肯定出来ない人々はある意味、チャレンジとチャンスを手にしている。なぜなら・・・その二つは、成就という円の中にはない代物だからだ。不満と不安を抱え常に他者と自分を比較し、ダメなんだ・・・と喘ぐ人々にもそれ相当の栄光を与えよう。それをすることで、チャレンジが言葉だけの枠組みにないことは自明になるからだ。絶えず比較することでエネルギーをつぎ込み結局、人間誰しもいじましいんだと諦めてはいけない。人より優れるということはそんなに数あることではない。基準をどこに置くかだ。誰よりも優れたいのか?それよりも隣の芝生より高水準でありたいのか?ピーパーウーマンはあなただけの為にしたためられた成就の方程式にやがては成っていくだろう。