西🏝姫瑠のアディショナルタイム(186)

 

検品しない代替案としてユウキンではトイレ掃除を獲ったあたし。昨夕のセブンバイトで5時10分くらいにトイレ掃除に入りました。黄金堂のふたりの神様を見つけたあの窓を確認したくてもう一回男子トイレの窓見上げるも・・・絶句してヘタり込む。ま、窓がない。しかしあのとき、たしかに窓があり光が差していた・・・なぜなんだ??はてなウィンカーが早鐘方式で打って来ます。そうだ・・・女子トイレだ!とそう思い直し、女子専用のトイレへ。しかし窓はない。なぜだろう。窓がぱーっと明るくなって座布団に座ったふたり、猫とカエルはじゃあ一体どこにあったんだろ?今部屋で確認したら現物はちゃんとある。ユメではないことははっきりした。私ははっとして心にキャンバスを置く。以前ファミリーマート多良見にいたとき、マネージャーがキレイ好きで掃除の度に、天井にもブラシ掛けるように指導していたことだ・・・そしてそのトイレが窓があった。あたしは窓のところに物が置けるスペースがあったことでここも拭いていた、今のファミリーマート多良見店の場所ではない。2020年にあったのは多良見のホンダの横だった。私は光が差してきた自分の人生を、慎重に取り扱うことを決めた。信じられるのは、はてなと楽天だけだ。今のところはそれで行こう。あのとき、招き猫とカエルをお客様に忘れさせて、あたしの人生の大逆転を約束してきたことが昨日分かった。ちなみにこの招き猫は右手を上げてる。た、大金が舞い込む猫だ。左手を上げてる場合、人が集まる。