ブラックオニキス・マン78

 くね四文字を開発している僕にとんでもない無知が舞い降りて来て、これが僕の本当の姿。恥ずかしいがあえて、隠さずに話そう。ウソクね?が成立したのだ。嘘のような話だけど、やっぱり嘘だったの?っていう意味ともうひとつ、嘘みたいだけど一応これは魚、煮て食おうと焼いて食おうと僕らの自由って。しかしかわうそは、よく調べてみると魚ではなく、僕は一瞬にして青ざめる。なんで魚と思ったのだろう。似た魚がいたことでそれが名前のオン。かわはぎだった。カワウソは、実は、らっこのことで可哀そうな勘違いしたな?って今・・・心から詫びている。唯一、珍しい生態を持っているらしくあとから追って調べたい。僕はまだ、日本語も上手く話せない。それは知識がまだ足りてない証明かも?って後ろに下がる。かわうそも知らずに、らっこを見ていたことになる。嘘くね?は、らっこだったからまだ、こんな感じで済んだが、これからは引き締めたい。そういえば、こういうニュースを見た。クラウドファンディングを開始したオーナーがこう語っていた。客からコメントを貰うと、身が引き締まる思いですって。なんか僕の心に命中する何かがあった。顧客ってそんなに大事なもの?そう考えると、すべての事象が読めてくる。かわうそはラッコだった!!今までそれさえ知らなかった全員に、春はまとめてやって来るのだろう。