いじめに負けない人生論...作家の空間ってとっても大事でそれが無いと、いいものは書けない。孫たちと触れ合い、純白のいい感性を貰って己軸にしていっても最後に一人になれる時間が無いとブログアップも不可能になるのだ。一人になることの大切さ。苛められている人々とここをクロスさせてみよう。一人になってじっくり三時間は自分の中で論争を隆起させる。これが冷静な判断を後に導く結果になるとようちゃんは睨む。完全な解決なんていじめ問題には滅多になくて、誘発するものが教育の現場にある限り、苛めがゼロになることはない。自分を見つめる力、そして自分の中で擬似応答させるうる力。相手と仲直り出来る可能性?などを極めていく力があるのか?ないのか?恐らくそこが苛めからの脱却の分かれ目になる。