阿倍総理はこんな大変なときに、一体何をしているのだろう。言葉を発信するべきときにはしない、知らぬ存ぜぬ?ではトップとして残念・・・。アメリカのイージス艦が激突して、行くえ不明者がいるのだ。なんとしてもここは声明を出して、事の真相を究明し、救助の徹底を呼びかけなければならない場面。これにはガッカリしてしまう。逃げの一手できた自分にご褒美を上げていたならそれは時間の浪費というもの、あの醜態を国民は決して忘れない。第一、前川氏への謝罪の言葉ひとつとて、出なかった。礼儀の礼を知らないとは至極お粗末・・・。ただひとつ、松野氏だけは反省が見受けられて、文科大臣として、ことなきは得たかな?との情愛がキャロルに芽生えた。ほなあアメリカ幕の内お願いします。良心の 呵責に立たされ 一筋の 光を放てる 果報者かな〔松野氏の心は純粋・・・それがわかったことが嬉しい〕