もしやノーヒットノーランでは?という試合が亡くなったホセ・フェルナンデスにもあって、それはスイスイ投げてぐいぐい試合を引っ張る彼独自の打法で、いや、このままで行ってくれれば!!とは思うもののやはり六回七回といくうちにヒットを与えてしまうんですね・・・そのマーリンズからノーヒットノーランが出たことが喜びをバイマシにするし、ボルケス投手はキャロルの予想に入ってなかった投手ですが、喜びを一緒に噛み締めている処。そういう快挙がこれからの試合を引っ張るし、巻き返し地点にも相当するからです。中々キャッシュナーがレンジャーズで結果に恵まれない中、マーリンズにいた彼もきっと思ったことでしょう。ノーヒットノーランが生まれる運命の背景についてです。誕生日だった投手の替わりに投げたという事実にも考えさせられます。いいことを果敢に承諾した心の勝利ではないでしょうか。序盤は調子を崩し今期どうなるのか?との予測できた投手だっただけに大幸運を思います。ほなあ大リーグ戦竜お願いします。遂に出た!! マーリンズから ノーヒットノーラン!!☆いつもみんなのことを思い遣っていたホセ・フェルナンデス、彼はちょっぴりやっかみながらも、笑顔を手向け喜んでいる☆