俺のこころは今前川氏に傾いている。何もかもほっぱらかして証言に出よう!!とした男の発奮に俺は羨ましさを禁じ得ない。事務次官がどういう出で立ちか俺はよく知っている。地方銀行で言えば頭取だ。しかし今後のことやら計算もせずにとにかく証言しよう!!と出て来た男の比類なき行動は眩しいばかりだ。普通はまず家族のことを考える。中傷や嫌がらせもあるだろう。次の就職先だって、こういうことがあればソッポを向くかもしれない。今は阿倍一強のニッポンだ。この阿倍のご紋が目に入らぬか!!??と。恫喝されても何をされても・・・と、俺はならない。ノミの心臓、ノミの金玉の俺でしかない。生まれたときからノミキンだった。東大卒のお手本こそが彼だと思う。そしてそこを感じ取った俺も彼のようにありたい!!と念じるものの中々行動まで踏み切れない。誰もが持っている感性、目立つことは避けたいな・・・があるのだ。自分の中に君臨するこういったデメリット森林を自分のチエンソーで刈り取る勇気も今後は要ることを今回の件で知るのだった。デルスカイしておこう。東京大学の誇りだ。