読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔188〕俺は昨夜とんでもない光景を見る。なんとあのナポリが活躍しているのだ。いつ主砲は目を覚ますのか?俺自体が諦めかけていたのをいきなり起こされ震撼する。やはりホームランを打てる選手には、打てない選手とは違う評価が付くんだな・・・それが明らかになる。そしてナポリがチームを牽引する起爆剤を既に持っていることも嬉しい暗算で、彼の活躍いかんによってはレンジャーズの浮上も信じるに値するし、もっとも気になるのはゴメスだ。まるで、別人のように打てたり打てなかったりで、この激しい行状に付き合っている暇はない。サイクルヒットを叩き出したかと想うと、四打席三振?俺たちにはそういった博打は許されない。いつも平均して物事を推挙して行くさい量こそが求められていて、ライターの礎にはそういった安定感が常に求められていると想うのだ。公務員ガイダンスをこれからわ。を。ん。まで、サービスで張り込むのにはニッポンの均衡を占う意味で重要だと査定する。この国が順当に世界の中でモノを言えるようになる為には、全体を把握出来るモンゴンがまず必要だった。・お・としておお、牧場は緑ではない。つまり歌の文句のように常識を過信しないことだ。