読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のように豪快に生きてきた人物はいないかも?って自分査定する。こんなに博打的な人生を送るとは思いもよらず、若い時から貯めてきた貯金もゼロ・・・あいつだって、今手元にあるのは二千円くらいだろう。宝石もない。それなのに破竹の勢いをふたりとも手にしている。俺は堅実を・・・あいつはゴージャスを。ふたつの相反する語彙が人生最後に合致するのだ。ゴージャスを手にしているピッチャーとは技巧型捕手を逆に上手くリードした数少ないピッチャーだろう。しかし俺は・・・もはやへとへとになってクローザーもいない貧乏球団のヘナチョコピッチャーかもしれない。あいつのチームは中々点に繋がらなかったが、最後ようやくグランドスラムが出る。俺は負け投手になるがそれでいいのだ。俺は不幸ではなく幸せの絶頂にいる。俺にとってのライバルは事実あいつだったのかもしれない。今日もまるたかにポカリ1、5リットルの売り出しに駆けつける。お1人様二本まで。このお一人様が有り難い。一家族と記してはいない。デルスカイしておこう。技巧型キャッチャーが突破口になる。