エメラルド・ウーマン《深窓の令嬢ダブリュー編》〔26〕里子が恋愛保険を編み出さないといけない!!と強く思った事件がありました。熊本出身の女性がなんと出資法違反までして男に貢いだのです。その汚い手法の混濁の水の中で、群を抜く言葉があってそれが転換になったのです。女ではなく若い恋人の言葉・・・概容すると次のように言ったのです。毎日何を食べて過ごしているかが気になるよ、見送りにもいけず済まない・・・と。しかしこの言葉は犯罪に関わったかどうかは別として、里子の心にそれまでで最も刺さった言葉になったのです。毎日何を食べて?みんなもこの男性が嘘つきには思えないでしょう?それだけ食べることと日常は締結しているということで、当時の胃の中はすべてを表わすの深層部位にも匹敵です。凡そ人がこの世を去りたい!!などと悲観するのは恋に破れた時ではないのか?そしてそれがあるのにも関わらずなぜ、この男性は上から目線で恋人のことを心配出来ている?この解析にヒントが埋まっていたのです。男性には家が残ったのです。そしてそういった図式を生命保険業に生かすチャンスが来ていて、タイニーとはもはや言えないビッグチャンスが訪れていたのです。