イエローダイヤ・マン《標榜編》〔178〕昨夜は東京大丸がなぜ、ひとり勝ちなのか?そこを追う番組を観て俺は相当にチャンスヒントを貰った。まずウィークリー新商品だが、その紹介法が飛び抜けている。どこで、開催するか、場所でまず勝っていて、本来なら店の中の奥まった場所で?と思いがちだが、目立つロビー的観点での催しで、心が躍らされた。しかも弁当に眼を配っているというのだ。商品に対する拘りのほぼ全部を女性の気持ちに合わせ、こうまで言い切った。女性に支持されなければ人気は取れない・・・と。俺はその路線にはいない。懐古主義かもしれないが、むしろ男性の心理を掌握することに先見性を禁じえず、しかしそこ以外はすべてが参考になるのだが、一抹の不安も浮上する。こうしてここがメディアに取り上げられてまたまた差違は開くということだ。どういうことか?というとテレビの宣伝力だ。これとあいまえて、合体することで、大丸がどこまで賑わうか楽しみな反面・・・他の追随が難しくなって、なお、ひとり勝が先行になってしまうという時代すう勢だ。俺は全くメディアに紹介されず、こつこつと孤軍奮闘の人々をクローズアップ出来る人材になりたいな?と密かに思う。別の意味で価値があるからだ。