読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルビー・ウーマン《黎明編》〔188〕ほうれん草お粥事件をもう少し詳しく説明してもらえないんだろうか?あれは・・・突如として起こった悲劇でして、赤ん坊の小指の先くらいに小さな蝸牛が、ほうれん草の裏に付いていてそれに気が付かず、お粥を作って、家族が発見し、ミッドナイトに悲鳴が上がった・・・。そ、それは驚くだろうな?洗いはしたものの、完全ではなかった、完璧を要請される主婦の仕事の一端を垣間見るようで、手緩さを禁じえず、これは不覚だったと容子も猛省した場面なんですが、翌日またあったんです。ええ?伴侶はもう一パック購入していて、それを綺麗に水洗いしていたときです。何かいたんだな?はい!何だかワクワクしてくるのだが・・・。今度はみみず慌てふためいて出て来た。そ、それは心臓に悪いな!さすがにもう購入しない!と堅く心に誓った場面でしたが、伴侶もそこは残念に思う。もしも自分達だけならそうは困惑はなかった。ああ、わかるぞ、今の若者たちと六十代を超える人間たちの格差を丸ごと示しているような案件で、しかもそれがほうれん草だとは・・・。しかし朝摘み野菜の新鮮さは格別で、今まで見たことのないようなほうれん草の色合いの美しさ・・・。ああ、しかし蝸牛とみみずも一緒ではな?難しいでしょう?ジェネレーション ギャップにみみずも 並ぶかな