読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これはサイト製作時にも生かせるぞ!!と昨日シゲルちゃんとの喧嘩で孫と二人になって静かに鑑みたことが効を奏じる。孫は闊達で最近横から頭突きをしてくる。自分の横の頭を使い責めてくるのだが、喧嘩してもシゲルちゃんの意識はやはり正常路線だったことに気が付く。なんと外車が入ってくる。自分が入れた場所は普通車の場所だった?慌ててしまうがもう遅い。課金が始まっているのだ。そのクルマは暫く待って十分くらいしてようやく入庫するがシゲルちゃんが言ってたことは当たってしまう。この駐車場は普通車と軽はそもそも料金が違うのでは?との予測だがそれは間違っていた。しかし軽ならやはり最初見ないといけなかった。軽と表示あるレーンに入れないとこうして普通車は来るしその時スッタモンダするのだ。喧嘩したことがツキを呼ぶ。彼にきついことを言いながら結構正常路線が大事なことに気が付くし、最初からバックで突入しなければならない場所がここには二箇所ほどある。厳密にいえば入り口の頭から入れる軽専用入れると三箇所。出来るならここもバックでが無難だろう。最も難儀は最奥だ。そこまで行って初めてバックで入場して来ないと入庫が無理なことに気が付く。それこそバーチャルなのだ。夜間最大三百円は長崎でも中々ない。