読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルビー・ウーマン《黎明編》〔181〕すべての膿を出し切った暁には人間には何が残るのだろう?きっと海を出す・・・つまり砂浜ではないでしょうか・・・遠くまで延々と続く砂浜。そうくるかね?脇田大佐も俳句と川柳の合体を試作するような男だ、きっとみんなの前で作っていた大佐の風貌とは全く違う自分を己の内に持っていたんだな?はい、俺ほどみみっちい人間はいません。みみっちい?亡くなって俺は自分が大佐から少将になれるだろうか?そんな愚かなことばかりに執心したし、今思えばこれ以上の愚の骨頂はおらないでしょう。なぜ、そこまで地位に固執を?エスカレーター地獄だったんだと思います、次の位はスムースにくるのが当たり前、周囲もそういうカゼに乗ることで一服を得たし、もしも俺が死んでそれこそ将の域に行けなかったら家族も同様のジレンマに陥るだろうしと・・・。違っていたんだな?はい、あのような最期をキミが迎えるのなら俺が生きていて守ってやるべきだった・・・と。わかるぞ、お前が亡くなって十年後、キミは亡くなった、まだ、四十代の後半だった。最期を看取ったミチ子の悲しみはどれほどであったろう・・・。そこをあえてお願いします。鹿児島の 女の最期を 看取るかな〔この時から母は強くなった〕