読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺が待ちに待った百田尚樹氏の新刊がどうやら手に入りそうで春を迎える気持ちが歓喜で震える。彼には独特の文才があって、それこそ、事実に必ず符合するわかりやすさ、そして黎明さ、感銘さだと思う。この幻庵という作品も上下巻になっていて四年ぶりの大型刊行に俺は魂を揺さぶられそうになってしまう・・・。二男が嵌っているのが実は囲碁で常に本を読んで自分の脳を鍛えている。そしてそれゆえに心のどこかで、腹立たしい気持ちに襲われる・・・二男はこっちが知らないことをどんどん切り開いていく。俺だって、マージャンでは類を見ない強豪なはずが、コッチの分が悪い。しかしその本の解説でわかったのは中国発祥という共通項だ。俺は囲碁はニッポン古来のものと長い間、勘違いしていたのだ。デルスカイしておこう。囲碁トリックだ。