読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サファイア・マン《面白い男編》〔122〕その最後の半年間を過ごした目覚町のアパートは一階が当時店舗が入っていて大層都会的だったのです。フクオカに転勤していくことも視野内にあって、そのときに籍を入れて一緒に暮らすということを取り付けるまでにキャロルは徹底的に家事を頑張っていました。近い場所に浜口フードセンターがあって、どんな献立をすればいいかしら?と毎日思いあぐねる生活で、しかもまだ、首が据わったばかりの赤児を抱いてですから、無理はしてはいけないものの生活主婦をまっとうする積もりでいたのです。心構えは万全でした。金銭的に圧迫はありました。前夫から子供の養育費セロで離婚したからです。生涯貰いませんでした。自分はあの頃、人のお金をあてにするそういう姿勢になかった・・・しかし今もちゃんと約束を取り付けておけば良かったなとは思いません。生来の勘から来ていたのです。いずれはモノカキとして世の中に出て行くときに養育費を全く貰わない離婚というのもあって当然だと思ったからです。自分はしかしいっときもしないうちに又結婚選んでいるじゃないか?っていうお叱りもあって当然・・・そこは我が身の力の無さに恥じ入る次第です。ふたりが通い婚で絆を確かめ合ったビルの一階を車で通過中見るときがあって、ドキドキしてくるのです。今はmjの文字がチラッと見えたように思えます。