ドンマイ券というのはそうは気にはするな!近いうちにきっと解決するから今は天を仰ぐ調整でも構わないっていうことだが、ドントマイ券っていうのはもはや君らに任せてはおれない、若者の磐石な未来を引き寄せるためにキャロル自身が動き出すぞ!君はすでに私の球友だ!〔地球人の親友という意味でベンジャミン〕というのがドントマイ券。後者の券を発行された人物は幸せ者でこれからは責任範疇にキャロル総帥が関わるということ、名を連ねる、事実そういった部門があってキャロル総帥が自分が決めたことを反故にすることは滅多になくそれもこれも自分の為に動くということだ。昨日は出番のなかったイチロー選手だが、今日はふたりのマーリンズの比較されるライバル投手を詠もう。コンリーとコーラー。ふたりとも最近髪を切って、今の処、髪を切って善戦していて髪を切ったことが吉と出ている噂のライバルだ。そしてふたりの成績や球種も似ていてライバル前線マーリンズ、投手同士にもこの拮抗火花が出て来て頼もしいのだ。ほなあオニール大尉、アメリカ幕の内お願いします。俺と奴 共にマーリンズを 引っ張っていく 好投手と呼ばれる 短めの髪☆さっぱりした短髪がニッポンの硬派のみならず軟派をも惹き付ける、コンリーがかつて長髪だったから☆