お母さん、みんなと交流出来るのがフェイスブックで、大橋の玉川小学校時代の仲良かった女の子たちもここで会えるんだよ?って。長女の言葉にカギがあって、そ、そんな・・・って固唾を飲み込む。あの頃、あそこで、四年間過ごした記憶が怒涛のごとく襲ってきて、あのうちらが住んでたマンションの一階にあったラーメン屋も今まだ健在みたいで、びっくりしたよ~って長女が明かす。飲食業で、三十年も持ちこたえるなんてスゴイよね?って話しかけてくる。そうだね~あのマンションは懐かしくて本当に又訪ねてみたい!!道路渡るとバス通りがあってもちろんバスも利用出来て西鉄大橋駅が近かった。あの頃に戻りたい!とすら思う。あのまま夫を締め出して、マンションに入れないままならそれこそ幸せだったかもね?って。三十年という歳月がキャロルをこうまで、セカイワクの還暦女に仕立て上げてしまった。それほど月日の流れは激流だった・・・。今週のエピg・・・三十年も持ち応えたラーメン屋と夫婦の歴史、どちらにも軍配あげたい。