この現世という娑婆でシゲルちゃんとの離婚は難しい。奴は死んでもハンコを押さないからだ。そうするとどんな方法で奴から離脱出来るかというと転勤や別居しかないだろう。転勤といっても金がないから移住そのものが難しいとくる。何もかもシゲルちゃんさい配の西方丸に乗るキャロの姿を父親は喜ぶだろう。この娘は帆がない、つまり難破し易い。シゲルちゃん監督のもとに居ることがどんなに幸せなのか?父からの伝言を聞いてみるとそういう答えだと想像するのだ。結婚論の中で遠藤先生は男のこころの中に渦巻くジェラシーについて及んでおられた。結婚前の恋のことなど何も喋らないほうがいいのか?それとも話してしまった方がお互いの為にいいのか。遠藤先生のお考えは前者だった。キャロはこれだけ、家族や家庭が複雑になった昨今では、お互いが自分をクリアにしていた方が子供も安全だとそう捉える方だ。相手に自分の子供のシグナルの兆候や異変を知らせるカギ。こういったものを話さずまま同居などとんでもないことだ。縁あってお互いが、なさぬ仲の子供達を育てるケースーは多い。子供にとっては多難の時代だが、これをハングリー精神鍛えるなどと勘違いしてはいけない。ハングリー精神とはあっても食べずにいられる質素性なのだ。勘違いはよろしくない。