いじめに負けない人生論をこうして任されているのと並行して俺が三時間みっちり孫達二人の面倒を夜看ていることは、教育にちょっとでも加わっていたいな!!との願望がそうさせる。小学校に入るまでにひらがなと数字と簡単な英会話くらいは取得させておきた…

どの光景がもっとも観客に感動を与えたのか?そこが大リーグ戦竜を詠む時には非常に大事なポイントになってきます。ようちゃんはやはり今季からジャイアンツで無事プレーに参加出来ることになって幸せな顔をぶんぶん見せてくれている、ジャイアンツのサンド…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔514〕僕は今日の朝、ダルビッシュ有に釘付けになって、一回から五回までの投球をしっかり見ていた。大谷投手の出るジャイアンツ対エンゼルスも中継はあっていたのいだが、どうしてもダルが気になって仕方なく大谷が今日は左…

サファイア・マン《面白い男編》〔180〕ようちゃんは直に、面会に来てくれた城先生と病室で会うものの、娘は会えません。ちょうど検査に出ていたのでしょう。優しい先生のメッセージを帰ってきた娘に見せると喜んでくれます。御見舞いはクッキーでした。今も…

ピーパー・ウーマン《ジュエリー・ボックス編》〔178〕宿泊がメーンの顧客と、そうではない時間帯で選んでくれる顧客を相互に考察していくと我々の本当のライバルも見えてくるし、それは長時間超安値でいごこちのいいスペースを与えてくれるスーパー銭湯とは…

モテビは今日はヒャッキンで百八円出して金メダルを購入する母親と、銀メダルを購入する母親と、銅メダルを購入する母親のパーセンテイジを描こうとそう思っているんです。ようちゃんはもちろん金メダルを購入するタイプ。だって、せっかくメダル買えるって…

昨日は二勝目を挙げて途中大変な場面もあったけれど、奪三振数が十という会心の投球見せてくれた前田投手詠みましょう。実は昨日はデッドボールも出したりで、前田らしからぬ荒れ荒れの投球だった一面もあったんですが、やはり前田らしからぬはあの、押しだ…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔513〕この処、メジャーの洗礼を受けた大谷投手という活字がスポーツ新聞の一面を一杯にするくらいに躍り出て、確かにこの前のレッドソックスのプライス投手と投げ合った時にも、プライス投手がこう囁いているのでは?と僕な…

サファイア・マン《かけがいのない男編》〔180〕人生の分岐点ともいえる重大な出来事がようちゃん家族を襲います。それは幼稚園に入園した二人の子供の遠足の日。ようちゃんは自転車の後ろの荷台に次女乗せて、二男を前に乗せ、カメラ屋さんで買い物をするの…

ピーパー・ウーマン《ジュエリー・ボックス編》〔177〕ネカフェでの共同スペースが豊富にあることで居住性が生まれ、何日滞在しても気分が爽やかでいられるっていう利便性には何が関与を?今までの個室っていう形ではそこでの動きのみしか与えられず、確かに…

大谷投手の活躍がちょうど去年流行語にもなった忖度に堂堂の匹敵で、脇田大佐も、二刀流を今一度鑑みる。射程内に置いて構想してこの二刀流なる言葉がいかにこれから大きな動きを魅せるのか?幾分今日は、調子は良くないと言われながら、三失点まではクオリ…

川柳にも正統とおちゃらけがあって、ようちゃんはどっちも詠むタイプ。おちゃらけにもいい面が一杯満載で、正統川柳ばかり詠む川柳人を、ようちゃんは嫌いかもしれず、しかしいつもかつも滑稽ばかりでは、箔というものが損なわれ、そこは各人が自分の中で方…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔512〕大谷投手のことになると皆が一喜一憂で僕も今もっとも気になるのが豆の経過。そこまで酷いものではないことを祈る気持ちだ。大谷投手の昨今のマスコミ出累率は物凄くて、ここまでフィーバーしていくことは恐らく誰も予…

ルビー・ウーマン《ジーニアース編》〔235〕ようちゃんはある思いを自分の中で総括しまとめます。自分が完全にお金持ちと貧乏の家の真ん中の家庭だったことで鮮明になるのです。お金持ちが貧乏の家を見ることは滅多になく、遊びにも行かない間柄。しかし中間…

ピーパー・ウーマン《ジュエリー・ボックス編》〔176〕若者の行動心理学と深く関わることとなったこのネカフェでの居住性を、皆で論議するいい機会を迎えているとは思いませんか?若者のみならず、これからは壮年と呼ばれる人々にとってのネカフェが最重要に…

ようちゃんは今朝ロスの法則を立ち上げました。仕事に関するロスの占める割合いで、それが大きいと仕事に不備があったり、中弛みが生じている証明で皆も気をつけましょう。ようちゃんの仕事はモノ作りでしかも生産性は問われる仕事です。ようちゃんは三月の…

今日の大リーグ戦竜に行く前に一年前くらいに詠んだ俳句を、ここで紹介しておきましょう。大谷投手の二刀流を詠んだもので、こういう句です。二刀流 何するものぞと 武者震い☆このハイクがまさか今の大谷投手とその周辺を暗示しているなど当時は思いもしませ…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔511〕この前だった。ヤンキースのオースチンと激突した投手がレッドソックスJケリーだと話したがその日同じようなシーンが他の球場でも繰り広げられ、なんと天下のアレナドが投手と激突していて、それも理由はデッドボール…

ルビー・ウーマン《ロイヤル・ボックス編》〔235〕留美子は顧客を連れてゴルフを終えて同伴出勤してきます。ようちゃんはまだ、この頃、同伴出勤の意味さえ解りません。ただ、顧客が余りにも豪放ライラクでその点に魅力を禁じえないのです。この手の男性はそ…

ピーパー・ウーマン《ジュエリー・ボックス編》〔175〕ネカフェを自身の住まいとしている人口は十年後倍増していることでしょうし、二十年後はもっと増えている。人口は減っているけれど、高齢者の割合が勢いを増して行き、若者層でもネカフェを住居としてそ…

田中投手や、前田投手よりも先に語られるのは、大谷翔平がいるエンゼルスのニュースでそろそろこの大谷効果が及ぼす大リーグの醍醐味も見えてきて、ミヤネ屋での熱く語られる程の大盛況ぶりはかつての大リーグでは見られなかった情勢でこれは大谷効果がこの…

今日はバントで打席に立ってそれが上手く決められずアウトになっても、マッドン監督は嬉しそうに微笑みながらダルを迎える。それくらいダルビッシュ、ヒットになりそうに球が飛んだ事でもわかるように打撃センスも実は抜群のダルビッシュ有で、このナショナ…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔510〕ダルビッシュ有の映像を今季初勝利を観たいと寝ないで今日観戦した大リーグ狂は多かっただろう。僕もその一人で実はそれ程以前は、ダルビッシュ一辺倒の姿にはなかった僕が、いきなり熱狂的なファンになっていったのも…

ルビー・ウーマン《黎明編》〔235〕今季から一日置きにブログ更新となってからの容子の日常はかなりハードになっているのを禁じえないがそれ程に自由時間は減ってしまったのか?三月の二十三日までは一か月に約、九十時間あったブログ時間がめっきり減ってし…

ピーパー・ウーマン《ジュエリー・ボックス編》〔174〕多くの気持ちいい眠りを創造して来た我々人類にとって、やはり角度は大事かなあって?もちろんそこは大事だわ、私は仰向けに寝る人々にとっての枕をあれこれ詮索するよりもむしろ角度がベッドに付いたあ…

今日のハイレベル川柳は十一日の英語になった日本語も同時に行きましょう!!今日はこの言葉、美しい日本語に入れたい、どう致しまして。気にしないでいいですよ、陽然のことをしたまでですっていう意味。ってかたった今Wがキーボードから外れてしまいテンパ…

今日のJケリー投手、出て来た鼻からおかしくて、何とチューインガムを噛んでいる。投手とチューインガムは余り見ない組み合わせで意外に思うし、ようちゃんも実はケリーは恥ずかしがり屋で大人しい選手だとばかり思っていたようで、猫を被っていた今まで?っ…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔509〕今日のJケリーはわざとではなかったかもしれないが故意と取られても全然おかしくはなく、レッド・ソックス中継ぎの重鎮とも言える彼がこうした珍事を起こすこと自体が珍しくて、乱闘騒ぎは他の場所でも起こっていてそ…

エメラルド・ウーマン《深窓の令嬢ダブリュー編》〔72〕寝湯があるスペースにいってそこを陣取ります。寝湯こそが一番好きなスタイルのお風呂でそれがあったことで里子の溜飲が下がっていくのが感じ取れます。中々そこまでは分からない。中の様子までを仔細…

ピーパー・ウーマン《ジュエリー・ボックス編》〔173〕私が最も髪染めで驚いたのはあなたの好きな染粉を持ってきて下さればそれで染めます!!という美容室に入った時で当時は、意表を突く商法で自分の家に買い置きのクリームタイプを持参して染めてもらった…