エメラルド・ウーマン《深窓の令嬢ダブリュー編》〔45〕東京から来るとき実は新幹線を降りて迷いに迷って日暮里と西日暮里でわからなくなってその日学校は休みでも登校する部活女子高校生に実はお世話になった里子・・・。電車に乗るまで私がついて行きます…

去年ちょうどこの時期が過ぎてエース級投手をふたりも失くしたMLB。そういった意味でも気をつけたいシーズンに入った。どうしても気が抜けてしまう人間と、最後まで張り詰めた人間がいて難しいのだ。組織でもあった。最後まで兜の緒を締めていくぞ!!と…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔319〕俺達が自分の年金の支給開始時期を厳密に知ることが不可能なのは他でもない。政治が貧弱だからそうなるし、よく打てないチームを父がこう標榜した。貧打のチームと・・・。我が国は政治的に貧打の国とそう呼称していい…

サファイア・マン《緻密な男編》〔152〕結婚にはお互いの価値観が深く作用してくるしそこをネックに物事が勃発する。どんな危機にも対応出来るお互いの人生に於ける共同価値感がシゲルちゃんとキャロルの場合、あるのでは?との陽転志向になれば数々のことが…

ストリップリング投手とストリックランド投手、似ていて間違いそうだからみんなも注意してね!!キャロルはストリップリング投手は先発も出来る!!って評価し過ぎてしまった部分があって、これならレイズのスネル投手の方が勝ってて昨日勝ち投手になってた…

今見てびっくり!!なんとあと111ブログで7777ブログに到達。っていうことは一日5ブログなのでmousuguですね。2017年にキャロルの7777が達成!!そして2018年の10月1日には脇田大佐生誕120周年も・・・。感慨深いし、よく苛められてもヤケノヤンパチにならず…

ドジヤーズのリリーフ投手バイエズは一気に信用を落とした?違うと俺は思う。バエズはこれまで何度もフォアボールを出しては視聴者を心配させ続けたピッチャーで最も危険な男・・・とまでキャロルから言われていた・・・消化試合や敗戦処理試合ではない。バ…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔317〕もしも結婚を計画し、しかも自分の理想の人とすでに出会っていたのなら俺はこの勝つカレーをご賞味することをまず念頭に置く。実は俺はすでに食ったのだ。夏の暑い日だった。スパイス全部掛けてそのときは大判振る舞い…

サファイア・マン《面白い男編》〔152〕幸せの原点とは?に思いを寄せるしこんな、かけがえのない家族の風景を見て実際心が揺れるのです。この幸せの向こう側では彼女は思い悩みそして、初対面のキャロルに悩みを打ち明けるほど、心は離れかけていた・・・そ…

フィニッシュ、コントロール、そして忍耐・・・このみっつを帽子に書いて田中投手の指南を受けていたというセベリーノの七十一球降板は信じ難くてこういう試合を落としていたらば投手生活が難しくなるだけに残念だった。最初から勝っている試合ではなく三点…

おとつい、昨日我が家にはパナソニックが訪問してきた。壁や屋根全般をも見て来たのだろう。シゲルちゃんが丁重にお金がありません・・・と侘びを入れていた。そして昨日ダイレックスがどういうことになってたか?プリント絵柄トイレットロールがキティちゃ…

やっとこさ法テラスの支払いが終わってあいつは総額七万円支払いをようやく終了したようで、なぜわかるか?というとコンビニ用支払いハガキが今月から来なくなったからだ。普通は四年前に支払いを終えないといけなかったがようやく2017年を持って支払いを終…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔316〕俺は昨日ほっともっとのプラスチックカードを忘れて店が近くなって気がつく。前夜手入れをしていたからだった。俺は潔癖症なのだ。学生時代はそういう兆候がなかったのに今こうして出ているのも菌に敏感になったことも…

サファイア・マン《かけがいのない男編》〔152〕完全を求める気持ちはその頃、今より一層顕著でキャロルはこの第二の結婚で自分の過去さえ葬ろうとした形跡があるのです。学生時代オチコボレだったことです。今はこれをレボコチョオとそう呼称しているので注…

投手にとって最もきついのはグランドスラム・・・。それを六回で打たれたカーショーのくやしさを思う昨日でしたがそれを引き摺ってはいないカーショーで、もう次のことを考えています。二点差で勝っていてしかも六回でグランドスラムを出してしまったことは…

ドリームカムズトゥルーは余りにも有名だが、これを命令形にするとどうなる?これから紐解くのも、命令形ならユメはやってこない、来辛いからこそあ・え・て命令形にしなかったというイキサツがある。それにまだある。短歌に収めたいのならやはりみんなの食…

信じられないことが長崎で起こった。パン屋がカステラ屋を羽交い絞めしたのだ。宝永町に昨日オープンの乃が美だが俺は絶対に認めない。あいつ達は今度ふくの湯に行った帰りに買って帰ろうよ!!って話しているのだ。値段がいっこうにテレビ画面に現われない…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔315〕母からプリント柄のトイレットロールが幸運を呼ぶのよ!!とご大層にもこれは深夜入って来ていて驚く。返信もしないし一体何を言いたいかがさっぱりだ。しかしひとつ思い当たることもあって、この傾向が次世代バルーン…

ルビー・ウーマン《ジーニアース編》〔208〕四年生で初めて男性教師にあたってキャロルは男性というひとつの標榜と対峙し、それまで幼稚園時代から女性の先生ばかりだった時とは違った構想を練らざるをえない自分を展開していくのです。これまでと、これから…

昨日のドジャーズの負け方は良くないし、せっかくリュヒョンジンがあれだけ肝いりで頑張ったのに五回あとひとり・・・ってときに交代させる。ロバーツ監督は投手を鍛えている積りが逆になっている。投手の憔悴がもろに野手達に伝わり、こういうフルカブの投…

あの時の林檎台風と同じだ!!と恐ろしくてびびった人々も多くて、うちの三男がまだお腹にいて七ヶ月迎える頃。すでに八月の辞令で宇部市に引っ越して来ていた。思い出すのはそういう若かりし頃もあったなあって、大佐も思いを馳せる。実は上の四人は長崎に…

小池さんは恐らくこの選挙で自分の息の掛かった議員を多く当選させるだろうし、石破さんに投票して冷や飯を食ったあの頃とは状況がガラリ変遷して、都政をさせている時間がもったいないな・・・と俺は本気でそう思う。東国原氏だ。彼が東京都知事になってい…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔314〕俺達若者世代にとってのチャンスの茶臼が準備されて、お茶の子才才の格好の出番到来!!山口公明党代表には感謝するし、まだ、来年まで阿倍政権かあ・・・とガックリ来ていた俺の心中にも覚醒のベルが点灯、しかもサク…

ルビー・ウーマン《ロイヤル・ボックス編》〔208〕六歳から十九歳までしか矢上の実家にいなかった・・・と以前したためていたと思いますが、二十一歳の夏頃からの翌年の春までの間、キャロルが親孝行をしながら家にいたことは両親にとっても有り難い出来事で…

テイヘンダ~テイヘンダ~っと、町中を瓦屋が走り回っていた昨日、その台風一過のあとに飛び込んだ政治的決断。阿倍総理率いる自民党が今しかない!!イマデショ?とばかり選挙への駒を進め覚醒の日になったイエスタデイだったんですが政治通や政治が大好き…

十七日のいいないいな外交の好日とあって、今日は登録商標を曹長から発表しましょう。リリーフ投手ボックスバーガー投手の長年のファンということもあって、ゴリラのようちゃんボックスボルテージに決定!!字としてはこうなります。ゴリラのようちゃんBV…

十一連敗がもしもなかったらあいつはドジャーズを一本で応援!!になっただろうか?俺が思うにあいつは可哀想なヤツをいつも放っておくことが出来ないたちで十一連敗がドジャーズにとって別の意味で効を奏したことに俺自身が気が付く。しかも1944年以来の負…

イエローダイヤ・マン《標榜編》〔313〕俺は昨日五時になる前にほっともっとに購入にいく。やぼ用があったからだ。するとチャージしない積もりがあのちゃきちゃきの女性が応対でチャージしましょうか?って言ってくる。ああ!!という積りが俺がストップさせ…

ルビー・ウーマン《黎明編》〔208〕ちょっと確認しておきたいことがあるんだが、和田家の核となった女性タヤと脇田大佐の年齢だが、どっちが今生きていたら上になるのだ?タヤの方が九歳上になって、明治二十二年生まれ、西暦1889年生まれになります。するっ…

今調べたらドジャーズが一点差で勝っていた。ヒルが勝ち投手を収めキャロルはほっとする。昨日徹底的にドジャーズについてを調べてやはり大谷投手がいくのはここが最も適している!!とそう分析したのは競争力だ。これだけの投手がいればおのずと競争力は付…